本間 幸夫

本間 幸夫
1947 東京生まれる。
1967 立教大学を中退し木工芸彫刻家 故 柴﨑始に師事。
1979 茨城の日本産漆に出会う。以後、手クロメによる精漆をつづける。
1982 人間国宝・故 赤地友哉に師事する。
1988 「荻窪銀花」にて、個展活動を始める。
1990 日本橋三越本店にて「木汁居漆芸展」三人展。(以降93、96、99、04年)
1992 茨城県北の旧那珂郡山方町に荻房漆園を造成する。
1995 日本橋三越本店美術サロンにて個展。 (以降97年)
1996 新宿伊勢丹本店にて個展 以降13 回ほぼ毎年開催
秋田「小松クラフトスペース」にて個展、数年おきに5回開催
2000 日本橋三越本店特選画廊にて個展。(以降03・06・09・12・15年)
現在の茨城県常陸大宮市に漆液と木工轆轤の為の仕事場を新設
2001 阪急梅田本店美術画廊にて個展
ギャラリー「瑞玉」にて個展。(以降03年)
2004 大阪ギャラリー「びぎゃら」にて個展。(以後2年おきに開催)
2009 日本橋三越本店工芸サロンにて個展
2010 新宿柿傳ギャラリーにて個展(以降14年)
2011 JR 大阪三越伊勢丹美術画廊にて個展
2014 銀座三越にて「森からの恵 荻房漆展」・その他 個展・工房展多数
日本産漆を支援するNPO法人 壱木呂の会理事長
奥久慈漆生産組合 顧問・常陸大宮大使

本間 幸夫 Webサイトへ